子育てママ必見!1~3歳児向けのおもちゃの選び方とは?

妊活・育児, , , ,

子どもは、1歳を過ぎた幼児期にはどんどん体が動かせるようになり、お昼寝の時間も減って遊ぶ時間が増えていきます。お外遊びも大好きだし、お家で遊ぶのも楽しいですね。1歳から3歳の子育てにはどのようなおもちゃが向いているのでしょうか?

 

色々な事に興味が湧く頃!

出典:写真AC

 

幼児期とは、子どもが「幼児」と呼ばれる期間で「1歳以上から小学校入学前の未就学児(6歳未満)」を指します。その中でも特に1歳~3歳くらいの子どもは、毎日の成長が著しく、昨日まで出来なかったことが急に出来る様になります。2歳を過ぎれば言葉も増えて周りの物にも興味津々、「これ、なーに?」と好奇心旺盛です!ママにとっては子育てが大変な時期ですが、反面、嬉しいこともたくさんある時期だと思います。

 

1歳児向けのおもちゃ

出典:写真AC

 

個人差がありますが、1歳になるとつかまり立ちから歩くことができる様になります。でも、まだまだ赤ちゃんの1歳さんには、誤飲の心配がないおもちゃを選びましょう。

“ルーピング”と呼ばれるおもちゃは、手や指先を使って動かしたものを目で追う『協応運動』の発達を促してくれます。また、繰り返し同じ動きをすることが大好きですから、ボール転がしの様なおもちゃも気に入ってくれると思います。

 

2歳児向けのおもちゃ

出典:写真AC

 

「魔の2歳児」という言葉があるくらい、2歳児さんは元気いっぱいでママを困らせてくれますが、これも成長の証です。

一人遊びも出来るようになり、「自分が好きなもの」という意識が少しずつ芽生えてきます。女の子は特に「お世話したい」という思いが芽生えてきて、お人形やさんやぬいぐるみが大好き。おままごとセットがあれば、お人形さん相手にお母さんごっこが始まることでしょう!男の子は電車やミニカーに興味を持つ子が増えてきます。

外遊びには、キックバイクがおすすめです。キックバイクはペダルのない幼児用の二輪遊具で、自転車のようにまたがって足で地面を蹴って進みます。バランスの取り方が身につきますよ。

 

3歳児向けのおもちゃ

出典:写真AC

 

3歳になると想像力が豊かになります。粘土遊びやブロック遊びのおもちゃは、「何を作ろうかな?」と考える力を後押ししてくれるのでおすすめです。ジグソーパズルや型合わせなど、ちょっと難しいものにチャレンジするのもいいですね!

また、男の子は戦隊ヒーロー、女の子は変身系ヒロインに憧れる子もいますね!しかし、ハマらない子どももいるので、周りに合わせるために無理矢理に押し付けるような事はしないほうがいいと思います。3歳さんはまだまだ子供ですが、しっかりと自我が芽生えてきています。お子さんの好きなものを大切に、尊重してあげてくださいね。

 

いかがでしたか?
おもちゃは心と体の成長に欠かせないものです。子供の成長や興味のある事に合わせて選んであげたいですね!


レコメンド記事

母乳育児に備えて知っておくべき授乳の基本!授乳の量や回数、飲ませ方のポイント

母乳育児とは、母乳で赤ちゃんを育てることをいいます。母乳育児をす…

妊活は夫婦ふたりで行うもの!妊活を成功させるために旦那さんへの接し方を学ぼう!

妊活に非協力的な旦那さんに悩んでいる女性も少なからずいるでしょう…

育児休暇は正社員じゃなくても取れる!育児休暇の取り方やお給料、支給される手当って?

育児休暇は、正社員じゃないと取れないと思っていませんか? でも…

幼児期の子どもにとっての食事は重要!幼児食の役割と注意すべきポイントって?

離乳食が終わって幼児期に入ったら、幼児食で少しずつ子どもに普通の…

妊婦だけじゃない、妊活中の女性も葉酸を摂取する?妊活中・妊娠中における簡単な葉酸の摂り方って?

妊娠中に葉酸を摂取すると、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを…

新生児ママの悩みのタネ!赤ちゃんが夜泣きするのはなぜ?

赤ちゃんの夜泣きがひどくて、毎日寝不足!近所迷惑になってしまうと…