妊婦だけじゃない、妊活中の女性も葉酸を摂取する?妊活中・妊娠中における簡単な葉酸の摂り方って?

妊活・育児, , , ,

妊娠中に葉酸を摂取すると、赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを低下させられることが、世界的な研究で明らかとなっています。そういった理由から、妊娠中に葉酸を摂取する女性が多いのも事実です。そんな葉酸は、妊娠以降でなく、妊活中から飲むべきとされています。そこで今回は、妊活中から葉酸を摂取するべき理由や、妊活中・妊娠中における葉酸の摂り方についてご紹介します。

 

妊活中から葉酸を摂取するべき理由

出典:we♡it

 

赤ちゃんにとって葉酸が必要となる時期は、妊娠4週目~6週目であるとされています。
しかし、人によっては、その頃になっても妊娠に気付いていないことがあり、葉酸摂取し始めるのが遅くなってしまうこともあり得ます。
こういった理由から、葉酸は妊娠している可能性の高い妊活中から摂取しておくのが望ましいとされています。

実際に、厚生労働省も18歳から49歳の妊娠している女性に加え、妊娠を計画している女性や妊娠の可能性がある女性に対しても、1日に適量な葉酸の摂取を推奨しています。
現在、妊活に励んでいるという方は、早速今日からでも葉酸を摂取していきましょう。

 

妊娠中における葉酸の摂り方

出典:we♡it

 

厚生労働省では、妊娠中の女性に対して、1日480μgの葉酸の摂取を推奨しています。
妊娠してから出産時期まで継続的に摂取しても構わないとされているので、妊娠中の方は毎日の食事を通して、適量の葉酸を摂取していきましょう。

なお、葉酸は、授乳中に摂取するのも効果的とされています。
母乳は、血液をもとに生成されます。葉酸には血液の生成を促進させる働きがあるとされており、授乳中に飲むことで、ミルクの成分や出方を良くすることができるのです。

 

妊活中における葉酸の摂り方

出典:we♡it

 

妊娠している可能性がある妊活中では、1日400μgの葉酸を摂取しましょう。
そして、赤ちゃんがいつできるか分からない時期でもあるため、毎日継続的に摂取し続けるのが効果的とされています。

葉酸が含まれている食べ物にはいろいろな種類がありますが、妊活中に葉酸を摂取するなら、妊活に効果的とされている大豆イソフラボンを含んだ枝豆や納豆などの豆類がおすすめです。
赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスク低下が期待できる上に、妊娠確立もアップしやすくなり、一石二鳥といえます。

 

いかがでしたか?
葉酸を摂取すれば、妊活中から赤ちゃんの疾患リスクを低下させることにつながります。妊娠中の方だけでなく、妊活中の方も適切な量の葉酸を積極的に摂取していきましょう。


レコメンド記事

子どもを作るなら新婚旅行中がおすすめって本当?新婚旅行中に妊活が成功しやすくなる3つの理由とは?

「結婚したら、子どもを作ろう!」そんな夫婦におすすめなのが、新婚…

かかる費用は?預かってくれる時間は?何歳から?気になる入園のアレコレ〜保育園編〜

子どもが少し大きくなってくると、幼稚園に入れるべきか、保育園に入…

赤ちゃんの夜泣きはこう対策するのが正解!夜泣きを防ぐ効果的な方法って?

お子さんの夜泣きに悩まされているママさんも多いのではないでしょう…

大事な我が子を安心して任せられる病院を!出産する病院を選ぶための3つのポイント

大事な我が子を出産するわけですから、病院選びは出産において重要な…

赤ちゃんもママも嬉しい!乳児期の子育てに大切なおもちゃの選び方って?

子どもが乳児期のうちは寝ている時間が多いですが、成長に合わせたお…

妊婦さんがすすんで摂るべき葉酸!葉酸を多く含んでいる食品って何!?

葉酸は、妊活中の方や妊娠初期の方におすすめの栄養素です。厚生労働…