自炊する時間がないという方は必見!5つのポイントを抑えれば外食でも健康を維持できるって本当?

健康, , , , ,

健康的な食事の基本は自炊とされています。しかし、この中には仕事などの関係から、自炊にあてる時間がなく、外食が中心になっているという方もいらっしゃるでしょう。一般的に外食は不健康なイメージと思われがちですが、食べ方を工夫すれば健康を害することはありません。
そこで今回は、健康維持に効果的な外食の5つのポイントについてご紹介します。

 

①メニューに栄養表示のある店舗を利用する

出典:we♡it

 

健康ブームの真っ最中。外食チェーンの中にも、メニューに栄養表示を載せているところが増えてきました。健康を維持するためには、外食の際、そういった店舗を中心に利用するのがおすすめです。栄養表示の内容をもとに、自ら栄養価の高いメニューを選ぶことができます。

 

②大よりも小を選ぶ

出典:we♡it

 

大と小が選べるメニューの場合は、小を選ぶようにしましょう。大を選べば、「残すのがもったいない」という考えから食べ過ぎてしまい、肥満の原因になります。小で物足りなさを感じる場合には、サラダなどの栄養価が高い上にヘルシーなメニューを追加すると良いでしょう。

 

③空腹の状態で外食しない

出典:pixabay

 

外食の予定が入っていると、つい朝食や昼食を少なめにしてしまいますよね。でも、空腹の状態で外食するのは危険です。メニューを頼み過ぎてしまい、つい食べ過ぎてしまいます。結果、胃もたれや腹痛などの原因となり、健康的に良くありません。外食の予定が入っていても、朝食や昼食はしっかり摂るようにしてください。

 

④お店まで歩いていく

出典:pixabay

 

外食の際には、会社や家から徒歩20分以上の距離にある店舗を選ぶのがおすすめです。店舗までの道のりをウォーキングに利用しましょう。20分以上のウォーキングは有酸素運動となり、脂肪燃焼効果が期待できます。
多少高カロリーなものをオーダーしても、行き道や帰り道のウォーキングでエネルギーを消費することができるため、肥満予防になります。

 

⑤揚げものを控えて蒸し料理・茹で料理に

出典:pixabay

 

健康を維持するためにも、なるべく揚げものの料理は控えるようにしましょう。一品でもカロリーが高いので、肥満につながりやすくなります。
また、血中コレステロールの値も高くなってしまいます。メニューを選ぶときは、油を使っていない茹で料理や蒸し料理がおすすめです。高カロリーなイメージのある肉料理でも、調理の過程で余分な脂質がカットされることから、そこまでカロリーを気にせず摂取することができます。

 

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介した5つのポイントを抑えれば、健康的に外食を楽しめます。外食が中心という方は、是非参考にしてください。


レコメンド記事

こんな考え方が癖になっている人は要注意!ストレスを感じやすくなる4つの思考パターン

ちょっとしたことでもストレスを感じやすい人は、思考パターンに特徴…

いくら頑張ってもタバコがやめられないアナタに!禁煙を成功させるための3つのポイント!

「やめたほうがいいのは分かっている、でも禁煙できない…」喫煙者の…

禁酒をすれば美容と健康に嬉しい効果が期待できる!今日から禁酒をはじめるべき3つの理由

適度な飲酒は健康に良いといわれていますが、ついつい飲み過ぎてしま…

朝と夜で効果が違う?健康維持に効果的なウォーキングの正しい方法とその効果

ウォーキングは実はダイエット以外にも効果を発揮できるのです。 …

40代になったら人間ドックを受診しよう!受診すべき理由とおすすめのオプション検査

40代になると、それまでになかった数々の不調が身体にあらわれるよ…

加齢を遅らせるには恋愛が有効!?ドキドキすることで得られる驚きの若返り効果って?

加齢を遅らせるには、恋愛が有効というのをご存知ですか?恋愛をする…