より新鮮でおいしい肉や魚を味わうために!生鮮食品の選び方について知っておこう

グルメ, , , , ,

肉や魚などの生鮮食品をスーパーで購入するとき、あなたはどんな選び方をしていますか?
スーパーの各コーナーで売られている生鮮食品の中には、鮮度が落ちてしまっているものも多数…。
せっかくなら、鮮度が高くておいしい生鮮食品を選びたいですよね。
そこで今回は、新鮮でおいしい生鮮食品を選ぶためのポイントについてご紹介します。

 

利用するスーパーを選ぶ

caddy-161016_640
出典:pixabay

 

新鮮でおいしい生鮮食品を購入するためには、利用するスーパーにもこだわりましょう。
スーパーをチェックするときのポイントとしては、以下の5つがあげられます。

  • ①食品の種類ごとに徹底した温度管理がされているか
    ②品質の良いものを仕入れているか
    ③直射日光が当たるような場所に商品が置かれていないか
    ④鮮度の落ちた商品をこまめに取り替えているか
    ⑤店内が清潔に保たれているか

このチェック項目から1つでも外れるスーパーは、鮮度管理や衛生管理が不十分と言えます。
鮮度管理や衛生管理の不十分なスーパーで買い物をすると、最悪の場合、食中毒につながることも…。
普段からの利用は、なるべく控えたほうが良いかもしれません。

 

新鮮な生鮮食品の見極め方

meat-1674984_640
出典:pixabay

 

牛肉

鮮やかな赤い身に艶のある白い脂がついていたら、新鮮な証拠です。

 

豚肉

みずみずしいピンク色の身に白い艶のある脂肪がついており、なおかつ、赤身と脂身がしっかり分かれているものが新鮮です。

 

鶏肉

鮮やかなピンク色で、弾力とハリのあるものを選びましょう。
鶏皮の毛穴が盛り上がっているものも、新鮮な証拠です。

 

一尾物の魚

目が澄んでいて、エラの色が鮮やかなものを選びましょう。
ウロコが綺麗についているものも、新鮮な証拠です。

 

切り身魚

身に弾力と艶のあるものを選びましょう。
血合いが背中とお腹の間に通っているものも新鮮です。

 

刺身用の魚

柵の角がピンと張っているものを選びましょう。
ふにゃふにゃしていて柔らかそうなものは、鮮度が落ちています。

 

買い方を工夫することも大切

出典:we♡it

 

品質が落ちやすい生鮮食品には、消費期限が記されていることがほとんどです。
生鮮食品を買う際には、まず消費期限を確認し、その食品を消費期限内に食べられるかどうかを考えるようにしましょう。

次に、生鮮食品は、買い物の一番最後にカートに入れるようにしてください。
最初にカートへ入れると、ほかの食品を見て回っている間にも、鮮度が低下してしまいます。

 

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介した内容に従って生鮮食品を選べば、新鮮でおいしいものを購入することができますよ。
スーパーでのお買い物の際、是非、参考にしてみてください。


レコメンド記事

おいしいグルメを通販全般から簡単に探したい!そんな時は「お取り寄せサイト」におまかせ♪

その地に出向かなくても名産品や人気のグルメをお取り寄せできるサー…

意外と知らない?!調味料の賞味期限と正しい保存方法を種類別にご紹介!

みなさんは調味料をどこに保存していますか? 調味料の保存方法が…

毎日飲む水だからこそ知っておきたい!おいしい水の条件や選び方とは?

私たちの身体のほとんどは、水でできています。そのため、毎日飲む水…

通販全般で人気の全国各地のおいしいお米!人気の種類と種類別の特徴をご紹介!

通販全般で、全国各地からのお米のお取り寄せが人気なのをご存知でし…

品物選びで失敗しないために!貰って嬉しいお歳暮と嬉しくないお歳暮って?

お世話になっている方に、日々の感謝を込めて贈るお歳暮。 そのた…

工夫次第で美味しくなる?いつもの水をより美味しく飲む方法。重要な水の温度と飲み方

皆さんが必ず日常的に口にする水。 特に、ダイエット中や健康に気…