知らないと後から大変なことに…?消費者金融からお金を借りるときの3つの注意点

マネー・家計, , , , ,

「どうしてもお金が足りない…」そんな時に頼れるのが、消費者金融です。消費者金融では、個人情報や収入情報などを登録するだけで、簡単にお金を借りることができます。しかし、安易に利用するのは禁物。消費者金融からお金を借りるときには、今回ご紹介する3つの注意点を知っておかなくてはなりません。

 

利息が高い

出典:pixabay

 

お金を借りるときには、利息というものが発生します。
そして、住宅ローンや自動車ローンなどの銀行系の金融機関に比べて、消費者金融の利息は高いのが特徴です。
銀行系の金融機関の多くは、利息が月単位で計算されます。それに比べて消費者金融では、日割り計算の利息となるため、借入をしてから全額返済するまでの期間が長ければ長いほど、支払わなければならない利息も高額になります。
仮に10万円を借りて1年後に全額返済した場合には、10万円+1年分の利息を支払わなくてはならないのです。
短期間で返済する予定の場合は問題ありませんが、返済時期がだいぶ先になってしまう予定の方は、注意するようにしましょう。

 

年収の3分の1を超える融資は受けられない

出典:pixabay

 

2010年に改正された賃金法によって、消費者金融では年収の3分の1を超える借り入れは不可能となっています。これを総量規制といいます。
たとえば、年収が300万円の人がいたとして、その人が消費者金融で借りられるマックスの金額は、100万円までということです。
なお、総量規制は、融資を受けている消費者金融の合計額に適用されます。つまり、消費者金融Aで70万円を借りた場合、消費者金融Bでは30万円までしか借り入れできないことになります。
消費者金融から大金を融資してもらおうと検討中の方は、注意してください。

 

滞納するとブラックリストに載る

出典:pixabay

 

消費者金融でお金を借りたら、定期的に返済していかなければなりません。
万が一、返済計画が狂って滞納することになれば、遅延損害金というペナルティが発生し、支払わなくてはならないお金が増え損をすることになります。
また、滞納を何度も繰り返していくと、消費者金融側の信用を失い、個人情報信用機関のブラックリストに載せられてしまいます。このリストに載れば、社会的に信用できない人という扱いになるため、クレジットカードや住宅ローン、自動車ローンや賃貸などの契約が難しくなります。
一度載ってしまうと、5年間はリストから消えないとされているので、この点にも注意してください。

 

いかがでしたか?
気軽にお金が借りられる消費者金融ですが、安易な気持ちで利用すると、後から大変なことになります。今回の注意点を踏まえ、利用する場合には、計画的に利用するようにしましょう。


レコメンド記事

「身体に良いのは軟水or硬水どっち?」軟水と硬水のメリット・デメリットって?

私たちが口にする水には、軟水と硬水の2種類があるのをご存知でしょ…

Wi-FiとWiMAXの違いはなに?月額料金はWi-Fiよりもお得って本当??

WiMAX(ワイマックス)という言葉を耳にするようになりましたが…

今年こそ英語が話せるようになりたい!オンライン英会話がオススメの理由とは?

最近増えてきている“オンライン英会話スクール”をご存知ですか?「…

〜入門編〜将来のために知っておきたい金融の話。「直接金融」と「間接金融」の違いってなんだろう?

金融とは「お金のやりとりをすること」の総称です。 また、金融を…

「貯金できない!」そんな人は必見!効率良くお金を貯めるための4つの方法とは?

「将来に備えて、貯金していきたい!」とはいえ、コツコツとお金を貯…

気になる不動産投資!マンションオーナーになって家賃収入を得るためには?

低金利時代の資産運用として、不動産投資に注目している人が増えてい…