髪のダメージに救世主!ヘアクリームでダメージヘア補修しながらまとまりのある髪に

美容・ビューティ, , , ,

紫外線によるダメージ、パーマやカラーによるダメージなどで髪はすぐに傷んでしまい、健康で美しい状態をキープすることは難しいですよね。
そんなときはヘアクリームがおすすめです。
ヘアクリームは、髪のパサつきや乾燥を防ぎ、まとまりのあるヘアに近づけてくれます。
今回はダメージ補修だけでなく、ヘアセットのアイテムとしても使える便利なヘアクリームについてご紹介します。

 

ヘアクリームの成分

large-21
出典 we♡it

 

ヘアクリームは、高級脂肪酸やシリコン油、高級アルコール、湿潤剤などを主成分として作られており、コラーゲンやローズヒップ、ビタミンなどの栄養分も含まれていることがあります。

ヘアークリームは、オイルのようにベタつくこともなく、ミルクのようにサラサラしすぎることもないちょうど良いクリーム状なので、髪の毛にムラなくしっかりと付けることができます。

油性と水性の2タイプもありますので、ベタつき感など実際に試してみて自分に合ったタイプのものを選びましょう。

 

ヘアクリームの効果

large-24
出典 we♡it

 

主に保湿を目的としていますが、商品によっては含まれている栄養素によってより良い髪質へと改善され、パサつきや髪の毛の広がりに効果があるものもあります。

日々の生活でダメージを受けた髪はキューティクルが剥がれてしまい、髪自体が弱くなってしまいます。そのために切れ毛や枝毛になってしまうのです。

一度剥がれたキューティクルは元に戻りませんが、ヘアクリームはダメージを修復しキューティクルを保護する働きがあります。

また、毛量が多くパサつきの気になる方はスタイリング剤として使用することにより、艶が出てまとまりのある髪の毛にすることができます。

 

ヘアクリームの使い方

large-23
出典 we♡it

 

ヘアケアとして使用するのであれば、お風呂上がりのタオルドライ後につけましょう。

洗髪後の髪の毛は肌と同じで乾燥しやすく水分を失いがちなので、タオルドライした髪にしっかりと保湿をしてあげましょう。
また、ドライヤーの熱からも守ってくれますのでこのタイミングがおすすめです。

目安の量は製品によって変わりますが、少し少ないかなと思うくらいが適量でしょう。
多くつけすぎるとベタついてしますので注意してください。

頭皮にはつけないようにし、髪の内側の毛先を中心につけるようにします。
仕上げにぎゅっと揉み込むことでしっかりと浸透してくれます。

 

いかがでしたか。
ヘアクリームでダメージを修復しながら、まとまりのある艶髪を目指しましょう。
ぜひ参考にしてみてくださいね。


レコメンド記事

スキンケアは季節によって変えるのが正解!春夏秋冬、季節ごとのスキンケアとは

肌の状態は、季節によって大きく変化するものです。 そのため、肌…

肌質別で分けた方がいい?自分の肌にあった化粧水を選んで悩み知らずの肌になろう!

毎日のスキンケアで欠かせないのが化粧水です。 しかし、選び方次…

ツヤ髪の証『天使の輪』は毎日のお手入れで作れるって本当!?

小さな女の子の髪の毛には、天使の輪が輝いていますよね。つやつやと…

ふんわりとしたナチュラルメイクで好印象♪お見合いの日は『愛されメイク』で!

お見合いの際の第一印象を左右するメイクは、ハデ過ぎNG。男性のウ…

ニキビには4つの色がある!?色で異なるニキビの種類について解説

ニキビには主に4つの種類があり、それぞれ異なる色をしているのをご…

自分の肌に合ったメイク落としの選び方って?メイク落としにもタイプ別に種類があるって本当?

メイク落とし(クレンジング)はたくさんの商品があって、何を選んだ…