自分の肌に合ったメイク落としの選び方って?メイク落としにもタイプ別に種類があるって本当?

美容・ビューティ, , ,

メイク落とし(クレンジング)はたくさんの商品があって、何を選んだら良いのか迷ってしまいますよね。
自分の肌タイプに合わないメイク落としを使うと、思わぬ肌トラブルが起こることもあります。
「最近、肌の調子がいまいち。」と感じることがあったら、一度メイク落としを見直してみるのもいいかもしれません。

 

メイク落としの種類

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_s
出典:写真AC

 

メイク落としには、クレンジングオイル・クレンジングウォーター・クレンジングクリーム・クレンジングジェル・クレンジングミルクといった種類があります。
それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

 

・オイルタイプ

メリット :洗浄力が強く、バッチリメイクもするっと落とせる。お風呂場で使用OK。
デメリット:洗浄力が強すぎるため、お肌に必要な皮脂やうるおいまで洗い流してしまう。

♥油分が多い化粧品と一番なじみやすく、化粧が落としやすいです。洗浄力が強いので普通肌・オイリー肌の方に向いています。

 

・ウォータータイプ

メリット :化粧水のような使用感。お風呂場や洗面所に行かずに落とせる。
デメリット:コットンに染み込ませて拭き取るので、強くこすると摩擦で肌が荒れやすくなる。

♥主成分が油分ではなく水なので、マツエクを付けている人にも向いています。

 

・クリームタイプ

メリット :肌へのなじみが良く、刺激が少なく優しい。
デメリット:クレンジング力が低いのでメイク落としに時間がかかる。

♥肌へのダメージが低いので、乾燥肌の方に向いています。

 

・ジェルタイプ

メリット :濡れた手でも洗浄力が落ちない。メイクになじませやすい。
デメリット:オイルタイプと水性タイプの2種類あり、オイルタイプは洗浄力が強い分、肌への刺激が強い。水性タイプは肌への刺激が優しい分、洗浄力が弱い。

♥使いやすいジェルタイプ。ご自分の肌タイプに合わせてオイルか水性かをお選びになってくださいね。

 

・ミルクタイプ

メリット :水分と油分がバランスよく含まれているので肌に優しい。
デメリット:クレンジング力が弱いため、短時間で使うとメイクが落とし切れない。

♥低刺激なので敏感肌・乾燥肌の方に向いています。

 

一緒にゴシゴシはNG!パーツごとにクレンジングを。

3047d3948e8d6d239fb5dc5f409e68ff_s
出典:写真AC

 

肌タイプに合わせて優しいメイク落としを選んだ場合、アイメイクや口紅が落としきれないということもあります。
その時にゴシゴシこすってメイクを落とすのはNGです。特に目元の皮膚は薄いので、こすると肌を傷つけてしまいます。

ポイントメイクは、専用のリムーバーを使って落とすのがおすすめです。リムーバーをコットンに塗布して、なでるように丁寧に落としましょう。

 

タオルはこすらずに

153ddc061888ee0c1797d2ff0848a9ef_l
出典:写真AC

 

ダブル洗顔が必要なクレンジングを使った場合は、メイクをキレイに落とした後に通常の洗顔を行います。
洗顔後にタオルで顔を拭くときは、ゴシゴシこすらずおさえる様にして水分を取り除きます。

最近はティッシュやキッチンペーパーを使って水気を取る方法も人気がありますね。

 

いかがでしたか?
家に帰ったら即メイクを落とす派、お風呂でのんびりメイクを落とす派など、ライフスタイルも様々ですよね。
ご自分の肌タイプ&ライフスタイルに合わせてメイク落としを選んでみてくださいね!


レコメンド記事

ナイトブラで寝ている間にバストアップ♪胸が大きくなる仕組みや得られる効果って??

「エクササイズをするのは面倒…。簡単にバストを大きくする方法はな…

頭皮の痒みやフケはシャンプーが原因?頭皮と髪の健康を守る正しいシャンプーの仕方とは?

頭皮の痒みやフケでお悩みのあなた。そんなあなたは、間違ったシャン…

自分で白髪染めをするのが苦手な方必見!市販の白髪染めできれいに仕上げるコツって?

市販の白髪染めを購入して自分で白髪染めをするとき、ムラなくきれい…

その化粧品、本当に使っても大丈夫?意外と知らないコスメの使用期限って?

みなさんの化粧ポーチの中に入っているコスメ、いつ購入したものです…

乾燥するのは肌だけじゃない?実は危険な髪の乾燥!

冬が近づくにつれて気になる肌の乾燥。 カサカサの肌を彼に見…

シミには種類があるって本当?知っておくべき、シミの種類とその原因

シミには、いくつかの種類があることをご存知でしょうか? シミに…