毎日の食事、あなたの食べ方は大丈夫?美容と健康に効果的な食事の摂り方とは

健康, , , , ,

食事は、私たちの美容と健康に深く関与するものです。
食事では、食事内容だけでなく、食の摂り方にもこだわる必要があります。
間違った食事の摂り方をしていると、身体に次々と不調がみられるようになり、最悪の場合病気を引き起こしてしまうことも…。
そんな事態を防ぐためにも、今回は、正しい食事の摂り方についてご紹介します。

 

1日3食

出典:we♡it

 

1日3回の食事を心掛ければ自律神経が整いやすくなり、消化・吸収の効率も高まります。
ダイエット中の場合でも、1回の食事を3食分に分けるなどして、1日3食の食事を摂れるように工夫してみましょう。
なお、朝食は朝の7時、昼食は12時、夕食は18時に食べるのが理想的です。

 

次の食事へ移るタイミングは「空腹感」

出典:we♡it

 

お腹が空いていないにも関わらず、次の食事を摂るのはおすすめできません。
次の食事を摂るタイミングは、お腹からグーっという音が鳴るくらいの状態がベスト。
お腹がグーっという音がなれば、胃の中が空っぽになっている証拠です。
消化・吸収をスムーズに行うためにも、空腹感を感じてから次の食事に移るようにしましょう。

 

腹八分目以上は食べない

出典:we♡it

 

満腹になるまで食べると、胃や腸に負担がかかり、消化・吸収の効率が低下してしまいます。
そのため、食事は腹八分目でストップするのが理想的です。
咀嚼には満腹中枢を刺激する働きがあるので、たくさん噛んで食べれば、腹八分目でも十分満足感を得ることができますよ。

 

食べる順番

出典:we♡it

 

食事の摂り方では、食べる順番も大切です。
まずは、血糖値の上昇を抑えるために野菜類を食べ、次に汁もので身体の中を温めましょう。
次に、おかずとお米を交互に食べながら、栄養をバランス良く身体の中に取り入れていきます。
そして、食事が終わった後には、温かいお茶を飲みましょう。
お茶に含まれるカテキンは胃の働きをサポートしてくれるので、食べ物の消化が良くなります。

 

寝る前は食べない

出典:we♡it

 

寝る前に何かを食べると、体内の消化・吸収に関わる機能の休息時間がなくなります。
その結果、翌日には胃痛や胸やけ、便秘や下痢といった症状に見舞われやすくなり、一日不調を感じながら過ごすことになってしまいます。

また、寝る前には体内の血糖値が上がりやすくなります。
血糖値が上がると、インスリンが大量に分泌されることから、脂肪の溜まりやすい状態に。
そんな状態で何かを食べれば、その食べ物のエネルギーの多くも脂肪に変わってしまい、肥満の原因となります。

こういった理由から、寝る前に何かを食べるのはやめましょう。
食事は、寝る3時間前に終わらせるのが理想的です。

 

食事は、内容だけでなく、摂り方にもこだわる必要があります。
美容と健康を維持するためにも、是非試してみてくださいね。


レコメンド記事

辛い二日酔いは食べて治そう!二日酔いの症状に効果的な食べ物3選とは?

「どうしてあんなに飲んでしまったんだろう…」と後悔しても手遅れ。…

マラソンをすると身体が健やかになる!マラソンで得られる健康効果って?

身体の健康のために何か運動をしようとお考えの方におすすめなのが、…

40代になったら人間ドックを受診しよう!受診すべき理由とおすすめのオプション検査

40代になると、それまでになかった数々の不調が身体にあらわれるよ…

中年太りを防ぐためには30代が勝負!30代からはじめる有酸素運動習慣のすすめ。

20代の頃とは違い、30代に入ると急激に太りやすくなります。 …

女性特有の3つの癌に負けない!早期発見の為には定期健診が重要??

日本人の死亡原因の第一位は男女ともに「癌」です。ストレス・遺伝・…

マラソンで大事なのは姿勢!運動効率をアップさせるマラソンのフォームとは?

マラソンというと、疲れるイメージがありますよね。 中には、いざ…