アンチエイジングにも効果的なファイトケミカル。第7の栄養素と呼ばれ注目されているその効果とは?

健康, , , , ,

アンチエイジングや、ガンなど多くの病気の予防に役立つと考えられているファイトケミカル。
抗酸化力・免疫力のアップなどの健康状態の改善につながると言われており、現在も研究が進んでいます。
今回は第7の栄養素とも呼ばれるその効果と、ファイトケミカルが含まれている食材についてご紹介します。

 

ファイトケミカルとは

large-37
出典 : we♡it

 

ファイトケミカルとは、ギリシャ語の植物を意味するファイト(phyto)=植物と、ケミカル(chemical)=化学物質で、「植物性化学物質」のことを指します。
野菜、果物、豆類、芋類、海藻、お茶やハーブなど、植物性食品の色素や香り、アクなどの成分から発見されました。

抗酸化力・免疫力のアップなど、健康維持・改善など様々な健康状態において役立つのではないかと、研究が進んでいるそうです。

人間は体内でファイトケミカルを作り出すことはできません。
そのためそれらを含む野菜や果物を食べることにより、体内に取り入れ抗酸化力や免疫力をアップさせる必要があるのです。

 

ファイトケミカルの抗酸化力

large-34
出典 : we♡it

 

私たち人間は、鉄が錆びるのと同じで、放っておくとしだいに酸化してしまいます。
とくに酸化力の強い酸素を活性酸素といい、これを還元、つまり酸化を防ぐ抗酸化力は、生命を若々しく維持する力なのです。

ファイトケミカルにはこの強い抗酸化力、抗菌作用が含まれています。
人の体内に入ると体の免疫機能を整え、活性酸素を除去しアンチエイジング、ガンなど多くの病気の予防に役立つと考えられています。

酸化は、ガンだけでなく様々な病気や老化の原因とされています。そのため、現代の課題でもある認知症や生活習慣病とも密接な因果関係があるといわれており、ファイトケミカルの抗酸化力はますます注目されています。

 

ファイトケミカルが含まれている食材

large-35
出典 : we♡it

 

現在までに発見されているファイトケミカルは約1000種類程度ですが、おそらく約1万種類ほどあるのではないかといわれています。

たとえば、赤ワインに含まれていることで話題になったポリフェノールも、ファイトケミカルの一つです。これも活性酸素を取り去る抗酸化力があります。
他にも緑茶に含まれるカテキン、大豆に含まれるフラボノイド、ニンジンやかぼちゃなどに含まれるカロテン類など、ほとんどの植物に含まれ、種類も豊富なので手軽に摂取することができます。

また見た目でも分かりやすいのが、食材の色です。
赤・橙、黄、緑、紫、黒、白の7色がそろえば、自然とバランスよくファイトケミカルを摂取できるので、色に着目して摂取してみるのもおすすめします。

 

いかがでしたか?
ファイトケミカルをうまく摂取し、いつまでも美しく健康な体を目指しましょう。


レコメンド記事

40代になったら人間ドックを受診しよう!受診すべき理由とおすすめのオプション検査

40代になると、それまでになかった数々の不調が身体にあらわれるよ…

中年太りを防ぐためには30代が勝負!30代からはじめる有酸素運動習慣のすすめ。

20代の頃とは違い、30代に入ると急激に太りやすくなります。 …

朝と夜で効果が違う?健康維持に効果的なウォーキングの正しい方法とその効果

ウォーキングは実はダイエット以外にも効果を発揮できるのです。 …

体内年齢はチェックした?生活習慣病につながる体内年齢が高い原因とその改善法

最近では簡単にチェックすることできる体内年齢。 自分の実年齢よ…

健康に良いと注目されているSOD酵素!その仕組みと期待できる効果って何?

みなさんは、SOD酵素という成分をご存知でしょうか? SOD酵…

マラソンで大事なのは姿勢!運動効率をアップさせるマラソンのフォームとは?

マラソンというと、疲れるイメージがありますよね。 中には、いざ…