「身体に良いのは軟水or硬水どっち?」軟水と硬水のメリット・デメリットって?

マネー・家計, , , , ,

私たちが口にする水には、軟水と硬水の2種類があるのをご存知でしょうか?水を飲むのは健康に良いとされていますが、果たして、どちらの水を飲んだほうが健康への効果が高いのでしょうか。そこで今回は、軟水と硬水の違いや、軟水と硬水のメリット・デメリットについてご紹介します。

 

軟水と硬水の違い

出典:pixabay

 

水には硬度というものが存在し、軟水と硬水では硬度に違いがあります。
硬度とは、いわゆる水1Lあたりに対するカルシウムやマグネシウムの量を差す言葉で、世界保健機関のWHOによって、硬度120mg未満の水は軟水、硬度120mg以上のものは硬水と定められています。

なお、水はカルシウムやマグネシウムの量が少なければ少ないほど、軽やかでさっぱりとした口当たりになります。そのため、軟水は非常に飲みやすく、私たち日本人が普段飲んでいる水のほとんども軟水です。そんな軟水に対して、硬水はマグネシウムやカルシウムが豊富に含まれているだけあり、口当たりが重く、少し苦みを感じるのが特徴です。

 

軟水のメリット・デメリット

出典:we♡it

 

硬水のメリット

口当たりが軽く、さっぱりとしている軟水は、癖がないことから、料理にも使いやすいのが特徴です。
泡立ちも良くなるので、洗顔やお風呂に使う水にも適しているとされています。肌や髪にも低刺激で、つっぱることなく、さっぱりとした洗い上がりになります。
また、マグネシウムやカルシウムの量が抑えられていることから、赤ちゃんや小さな子どもが飲んでも安心です。

 

軟水のデメリット

マグネシウムやカルシウムの量が少ない軟水では、十分なミネラルを補給することが難しいとされています。
ミネラルは、身体の健康を維持するために必要な栄養素です。水で補給が難しい分、料理やサプリメントでしっかりミネラルを補給してあげる必要があります。

 

硬水のメリット・デメリット

出典:we♡it

 

硬水のメリット

硬水に豊富に含まれるマグネシウムには、便秘の解消やむくみの予防・改善に役立つとされています。
便秘やむくみが治りやすくなることで、ダイエットにもつながることがあるようです。また、血流を改善する効果もあるとされており、基礎代謝の向上や動脈硬化の予防も期待できるとされています。

 

硬水のデメリット

硬水を飲み過ぎると、身体が硬水に含まれるカルシウムをろ過しきれなくなり、尿管結石などのリスクを高めてしまうといいます。また、便秘解消効果があるだけにお腹がゆるくなることもあり、飲み過ぎには注意が必要です。

 

いかがでしたでしょうか。
健康への効果が期待できるのは硬水といえますが、飲み過ぎは禁物です。軟水と硬水をうまく飲み分けて、健康的に水と付き合っていきましょう。


レコメンド記事

株式投資を成功させるためには銘柄選びがポイント!株式投資の銘柄の選び方って?

株式投資をはじめようと証券口座を開設したときに、まず直面するのが…

意外にお金がかかるお引っ越し|できるだけ節約してお安くする方法は??

引っ越しの理由はお仕事の都合・家庭の事情・気分転換がしたいなど様…

ローンが複数になってしまった・・・そんな方は「まとめローン」を利用して賢く返済を!

ショッピングやキャッシングのローンをあちこちの会社で組んでいると…

ネットライフに欠かせない光回線|お得な『光コラボレーション』の選び方は?

2015年に始まった光コラボレーションで、使う側がお得な事業者を…

リフォーム初心者の方に!リフォームを成功させるために知っておきたい基礎知識

リフォームを検討されている方もいるのではないでしょうか。 リフ…

携帯が壊れたらまずこれをしよう!スマホ修理前にやっておくべき4つのこと

スマホが壊れたとき、すぐスマホ修理に出してしまう方は多いようです…