一見どれも一緒に見える光回線。お得にネットを楽しむための光回線の選び方

マネー・家計, , , , ,

インターネットをつなぐための光回線。
そんな光回線にはいくつかの種類があり、どの光回線を選べばいいか分からないという方も多いはずです。
そこで今回は、光回線の選び方についてご紹介します。
光回線選びで迷っていた方は、是非参考にしてみてください。

 

光回線の種類

monitor-1307227_640
出典:pixabay

 

光回線のサービスを展開している会社として、フレッツ光、ドコモ光、ソフトバンク光、au光、NURO光、光ギガなどがあげられます。
光回線にはこれだけ種類があるため、私たち消費者の多くは、どの光回線を使えばいいかで混乱している傾向にあります。
こういったいくつかの光回線の中から契約先を決めるには、何を基準にすればいいのでしょうか。

 

価格で選ぶ

bag-of-coins-1335962_640
出典:pixabay

 

光回線は種類によって、毎月の支払料金が異なります。
そうは言ってもそこまで大きな差はなく、各社の料金を比較してみても数百円の違いといったところです。
「月々の支払いは、100円でも安いに越したことはない」という方は、価格から光回線を選ぶのがおすすめです。

 

キャンペーンから選ぶ

sale-1712547_640
出典:pixabay

 

光回線の選び方として次にあげられるのが、近い将来を見据えた選び方です。
たとえば、光回線のサービスを展開している会社の中には、キャッシュバックなどのキャンペーンを頻繁に行っているところがあります。
この場合、全くキャンペーンを行わない会社と契約するよりも、キャンペーンを行う会社と契約した方がお得感があります。

 

契約条件から選ぶ

contract-1464917_640
出典:pixabay

 

次に、契約手数料や初期費用、解約違約金や契約期間の上限といった契約条件です。

たとえば、Aの光回線の場合、月額料金は3000円ですが、その代わり契約手数料と初期費用で1万円以上掛かってしまいます。
また、最低でも2年は契約しなければならず、2年以内に解約する場合には2万円の解約違約金を支払わなくてはならないことに。

それに対し、Bの光回線では、月額料金は4000円ですが、契約手数料と初期費用は一切掛からない、
さらに、契約の最低年数が1年未満で、万が一気に入らなかった場合も、1年で他社に乗り換えることができるなど。

このように、光回線は種類によって、大きく契約に伴う条件が異なります。
こういった契約上の内容からも、どの光回線を使うかを選んでいくと良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。
どれも同じように見える光回線ですが、いざ契約するとなれば種類によって大きく変わってきます。
決して適当に選ばず、各種類を比較した上で自分に合った光回線を見つけてくださいね。


レコメンド記事

気になる不動産投資!マンションオーナーになって家賃収入を得るためには?

低金利時代の資産運用として、不動産投資に注目している人が増えてい…

不動産投資で失敗しないために知っておこう!不動産投資でありがちな失敗事例

不動産投資を行えば、何もせずとも家賃収入を得続けることができます…

意外にお金がかかるお引っ越し|できるだけ節約してお安くする方法は??

引っ越しの理由はお仕事の都合・家庭の事情・気分転換がしたいなど様…

多忙な方におすすめ!自宅で英会話が習得できるオンライン英会話の種類について

忙しい方でも時間を有効利用して取り組めるのが、オンライン英会話で…

手持ちの不動産で簡単に家賃収入!アメリカ生まれの話題の不動産サービス“Airbnb”って?

「誰も使わない部屋がある」、「しばらく海外に行くからその間、部屋…

不動産初心者でも難しく考える必要なし!家賃収入の収益を確定申告するための4行程

この中には、不動産投資で家賃収入を得ているという方もいらっしゃる…