人には言えないデリケートゾーンのお悩み・・こっそり解決する方法とは?

美容・ビューティ, , , ,

デリケートゾーンの悩みは、実は多くの女性が抱えています。痒みや匂い・ムレなど、気になっていても人には相談できないですよね。最近はデリケートゾーン専用のお薬や石鹸なども数多く見られるようになりましたので、お悩みに合わせて使用してみましょう!

 

デリケートゾーンはムレやすい

出典:イラストAC

 

デリケートゾーンに関する悩みで多いのが「匂い」・「痒み」・「ムレ」の3つと言われています。
下着・ストッキング・ボトムと重ね履きをすると、デリケートゾーンの湿度がどうしても高くなりムレてしまいます。湿度が高い状態は雑菌が繁殖しやすいので、痒みなどが起こりやすいのです。

・ムレ対策・・・下着は綿素材などの通気性が良いものを選びましょう。

・痒み対策・・・痒くてかきむしって、またさらに痒くなるという悪循環にならないように、早めにデリケートゾーン専用の痒み止めを塗るなど対策をしましょう。

・匂い対策・・・気になる匂いの原因は雑菌です。低刺激でも洗浄力が強いデリケートゾーン専用の石けんを使うと効果的です。デリケートゾーンはごしごし洗わず、泡で優しく洗うようにします。

 

デリケートゾーン専用ソープって?

デリケートゾーンは粘膜でおおわれているので、その名の通りデリケートなのです。一般的な石鹸が「アルカリ性」なのに対してデリケートゾーン用の石鹸は刺激が少ない「弱酸性」です。

 

生理中の悩み

出典:写真AC

 

生理中はナプキンでデリケートゾーンが覆われるためとても湿気がこもってムレやすく、痒みが出やすいですよね。独特な匂いも気になります。
ナプキンやタンポンはこまめに取り替えてデリケートゾーンを清潔に保ちましょう。通気性を重視したナプキンを選ぶのもおすすめです。ナプキンの表面が天然コットン100%という商品もあるようですので試してみるのも良いかもしれませんね!
おりものが気になる方はおりもの専用シートを使い、こちらもこまめに取り換えるようにしましょう。

 

婦人科へ相談に行こう

 

出典:写真AC

 

もし、痒みが強かったり、ただれたりなどの症状がある場合は、出来るだけ早く婦人科のお医者さんに相談しましょう!おりものが多くて婦人科に行ったら子宮体がんがみつかったという話もあるそうですから、恥ずかしいと思わずに受診してみてくださいね!

 

いかがでしたか?
デリケートゾーン専用の石鹸は見た目は普通の石鹸と変わりません。でも、ドラッグストアで購入するのにちょっと抵抗がある。。という方は、ネット通販でも買うことができますよ!


レコメンド記事

食べても塗ってもOK!アルガンオイルの効能で身体の内側・外側から美を叶えよう!

ここ近年、美容に役立つとして様々な種類のオイルが注目されています…

乾燥肌とオイリー肌では方法が異なる!?肌質別、正しいクレンジングと洗顔の方法

美しい肌を手に入れるためには、クレンジングと洗顔の方法にもこだわ…

身近にある食品を使って手作りニキビケア!自家製パックでニキビを予防・改善しよう

ニキビにお悩みの方におすすめなのが、家庭で簡単につくれる自家製パ…

髪のダメージに救世主!ヘアクリームでダメージヘア補修しながらまとまりのある髪に

紫外線によるダメージ、パーマやカラーによるダメージなどで髪はすぐ…

ツヤ髪の証『天使の輪』は毎日のお手入れで作れるって本当!?

小さな女の子の髪の毛には、天使の輪が輝いていますよね。つやつやと…

キューティクルを整えて天使の輪が輝くツヤ髪になりたい!その驚くべき方法とは?

天使の輪がツヤツヤと輝いてる髪は女性の憧れですよね。 でも、パ…