食べても塗ってもOK!アルガンオイルの効能で身体の内側・外側から美を叶えよう!

美容・ビューティ, , , , ,

ここ近年、美容に役立つとして様々な種類のオイルが注目されていますよね。今回は、そんな数あるオイルの中から、アルガンオイルについてご紹介します。アルガンオイルは、食べることも塗ることもできるオイルです。身体に嬉しい様々な効果を持っており、身体の内側・外側、両方から美容と健康を叶えることができます。

 

アルガンオイルとは

出典:we♡it

 

アルガンオイルとは、アルガンの木にできる種子から抽出したオイルのことです。

アルガンの木は150年~200年の樹齢を持つ木で、強い生命力を持っています。
そんな木の種子から抽出されるオイルだけあって、アルガンオイルには美容と健康に役立つ様々な効果があります。

しかし、森林伐採などの影響を受け、アルガンの木は減少傾向にあります。
その上、アルガンオイルは、アルガンの種子30kgから僅か1リットルしか採れないとされており、近年では非常に希少価値の高いものとなっています。

 

アルガンオイルの効果

出典:we♡it

 

美容効果

アルガンオイルに含まれるビタミンEには、肌にうるおいを与え、血行を良くして肌のターンオーバーを促進する効果があります。肌だけでなく、頭皮環境を健やかにする効果もあるので、肌と髪、両方の美容効果を期待することができます。

 

火傷や傷の改善

アルガンオイルに含まれるリノール酸には、肌の健康維持に関わるセラミドを構成する働きがあります。このため、火傷や傷に塗ると、皮膚の回復力が高まって、治癒を早めることができると言われています。

 

生活習慣病の予防

アルガンオイルには血行を良くする効果があるため、生活習慣病を引き起こす動脈硬化の予防・改善に役立つとされています。また、アルガンオイルに含まれるオレイン酸には血中コレステロールを下げる働きがあり、肥満や糖尿病のリスク低下にもつながるでしょう。

 

このように、アルガンオイルには血行を促進させる効果や代謝を促進させる効果、血中コレステロールを低下させる効果などがあり、ダイエットや冷え性、便秘などにも役立ちます。

 

アルガンオイルの使い方

出典:we♡it

 

湯船に入れる

湯船に浸かる際、アルガンオイルを10mlほど入れてみましょう。お湯につかりながら、全身の保湿をすることができますよ。

 

マッサージに使う

アルガンオイルを手の平に数滴垂らし、顔やデコルテ、脚のマッサージをしてみてください。マッサージの滑りが良くなるのはもちろん、保湿しながら肌に栄養を与えることもできます。

 

食べ物や飲み物に入れる

食用のアルガンオイルは、ローストされているので、口にしてもクセがありません。コーヒーや紅茶、ヨーグルトに入れるのがおすすめです。

 

いかがでしたか?
全身あらゆるところに使えるアルガンオイル。ひとつあるだけで、美容と健康の維持に役立ってくれますよ。


レコメンド記事

自分の肌に合ったメイク落としの選び方って?メイク落としにもタイプ別に種類があるって本当?

メイク落とし(クレンジング)はたくさんの商品があって、何を選んだ…

シミは年中できるって知ってた?!シミを防ぐために実践すべき冬場の紫外線対策

この中には「シミ=夏場にできるもの」と思い込んでいる方も多いので…

肌の内側からアンチエイジングケア!肌のたるみに効果的な食べものとは

年齢と共に悩まされる、肌のたるみ。 肌のたるみを予防・改善する…

ニキビには4つの色がある!?色で異なるニキビの種類について解説

ニキビには主に4つの種類があり、それぞれ異なる色をしているのをご…

美眉の原点は自眉毛にあり!女性の眉毛の正しいお手入れ方法をおさらい

「アイブロウや眉ペンの仕上がりがいまいち…」 そんなあなたは、…

体型の崩れやすい30代女性のファッションのポイントって?簡単に着痩せするその着こなしとは?

30代に入ると、20代の頃と比べて痩せにくい体質になりますよね。…